たった1日で噛める!オールオンフォー

わずか4本のインプラントで、たった1日で噛めるようになる新しいインプラント治療。「ALL-on-4(オールオンフォー)」

ALL-on-4は、総入れ歯が合わなくてお困りの方や、残されたご自身の歯が後わずかになってしまった方のための新しいインプラント治療法です。
わずか4本のインプラントで、上顎または下顎のすべての歯を作ることができます。
しかも骨の状態が良ければインプラントを入れたその日のうちに仮歯が入り、噛めるようになります。

ALL-on-4の特徴

無歯顎の方に最適

ALL-on-4は、総入れ歯が合わなくてお困りの方や、残されたご自身の歯が後わずかになってしまった方に最も適した治療法です。取り外しの必要がなく、インプラントで固定されたしっかりとした歯を短期間で手に入れることができます。

なるべく少ないインプラント本数(最少4本)

上顎または下顎のすべての歯を支えるために必要なインプラントの本数は、従来の方法では8本~10本とされています。インプラントの本数が多いことは、しっかりとした設計ができるので一見良いように思いますが、コストの増大、血流の阻害などの問題も含みます。長期的な予後を考えた上で必要最小限のインプラント本数で治療できることが、患者様にとっては最もメリットがあると思われます。
ALL-on-4治療では骨量、骨質に合わせて最少本から6本のインプラントで治療が行われます。

前歯部の骨質の良い部分を利用

上顎の奥歯の部分には上顎洞(じょうがくどう)といわれる大きな空洞があるため、多くの場合インプラントに必要な奥歯の部分の骨は薄くなっています。下顎の場合は奥歯の部分に下歯槽管(かしそうかん)といわれる神経と血管の入った管が通っていて、インプラントにより神経や血管を傷つけてしまうリスクがあります。これらの場所にインプラントを埋め込むにはあらかじめこの部分に骨増生を行って、骨ができるのを待って、それからインプラントを埋め込むことになります。患者様は外科処置を2回受けなければならない上に1年以上安定の悪い仮歯で過ごさなければなりません。患者様にとっては精神的、肉体的に大きな負担になります。

ALL-on-4では解剖学的に困難なこれらの場所を避けて、前歯部の骨質の良い部分だけを利用してインプラントを埋め込むので、骨増生の必要がなく、手術当日から取り外しの必要のないしっかりした仮歯を入れることができるので、患者様の心身の負担、経済的負担を大きく軽減することができます。

専用ガイドを使用した傾斜埋入

ALL-on-4に特徴的な後ろの2本のインプラントを後方に傾斜させて埋め込む方法には、インプラントの連結部をできるだけ後ろに位置させることで、奥歯にかかる負担を広く分散させる目的と、斜めに入れることでできるだけ長いインプラントを使うという目的があります。従来はまっすぐな方向に埋め込むインプラントをわざと傾斜させて入れることがALL-on-4治療の成功の鍵になっています。

Immediate Function(即時負荷)

All-on-4治療では骨質・骨量に問題がなければ、手術当日に取り外しの必要のない仮歯をいれることができます。従来の方法では3~6ヶ月の間取り外し式の入れ歯で過ごさなければならないことを考えると、患者様の得るメリットは非常に大きいと思われます。

ALL-on-4のメリット

  • メリット1固定性の補綴物による
    安定した使用感。

    インプラントにしっかりとネジで固定された歯が入るので、取り外しの必要がなく、食事中や会話時に歯が動いて気になることがありません。

  • メリット2手術当日から食事ができる!

    手術当日に仮歯が入るので、その日からすぐ食事ができて、日常生活に影響ありません。

  • メリット3来院回数の大幅な短縮。

    骨移植や骨増生などの外科処置を必要としないので、治療期間を大幅に短縮できます。上顎で7~8ヶ月、下顎で4~5ヶ月で治療が終わります。

  • メリット4最小限のインプラントによる
    侵襲の軽減とコストダウン

    従来の方法では治療費は350万円以上かかっていましたが、ALL-on-4では230万円~320万円で可能になりました。

ALL-on-4による治療の流れ

術前

Step1 検査と準備

レントゲン写真を撮り、全体的な治療計画を立てます。お口の中の型を取り、かみ合わせを確認。手術後に装着する仮の歯をあらかじめ作製します。

当日
  • Step2 インプラントの埋め込み

    抜歯が必要な場合は抜歯をします。歯ぐきを切開してインプラントを埋め込みます。麻酔をしてから行うため、痛みは全く感じません。

  • Step3 休憩

    インプラントを埋め込んだ後は、しばらく休憩します。

  • Step4 仮の歯の装着

    インプラントを埋め込んだ数時間後には仮の歯が装着できます。
    1日で治療可能。(お口の状態により、仮の歯の装着が手術翌日以降になる場合もあります。)

約6ヶ月後

Step5 最終ブリッジの取り付け

インプラントの埋め込みから約6ヶ月後に、強度が高く、美しい仕上がりの最終ブリッジと交換します。

オールオンフォー実際の治療ケース

初診来院

20年ぶりに歯医者に来られたという患者様。お仕事でなかなか時間が取れなかったようで、ほぼ全ての歯が虫歯でボロボロな状態でした。
入れ歯はイヤなので、インプラントでしっかりした歯を入れたいとのことでした。
残念なことに残せそうな歯は3~4本しかなく、どうしても残しようのない歯はあきらめて抜歯をして、その後インプラント治療について患者様と一緒に計画を進めていきました。

治療計画

幸いなことに骨の量は十分にありましたので、上下とも8~10本のインプラントを埋入して、よりしっかりとした治療計画についての提案もさせて頂きましたが、治療費が上顎と下顎とそれぞれ340万円以上かかってしまうことと、即日に仮歯入れてほしいとのご希望もあり、上下ともにオールオンフォーでの治療を行うことになりました。
上顎・下顎のインプラント手術を1日で行って、当日のうちに仮の歯をインプラントに固定する形で入れる予定です。治療費も上顎、下顎それぞれ250万円ずつに抑えることができました。

インプラント埋入手術

手術の当日までに噛み合せの状態を改善して、歯についている歯石や汚れをキレイに落としてインプラント手術に備えます。
そしていよいよオペの日がやってきました。思いのほか患者様はリラックスされている様子です。
まず午前中に上顎4本、下顎4本のインプラント埋入を行いました。それから型取りをして仮歯の製作に入ります。この間患者様は飲み物を飲みながら、控え室でゆったりと休憩をして頂きます。
そして当日の夕方に完成した仮歯が出来上がりました。

仮歯の装着

完成した仮歯を装着します。オールオンフォーの仮歯は、インプラントにしっかりとネジで固定されるので、治療後すぐから違和感なく、痛みなく噛めるのが特徴です。見た目も劇的に改善されて、無くなった歯が一度によみがえります。この仮歯でしばらくの間生活して頂きながら、インプラントが骨とくっつき待ちの期間をすごして頂きます。本来下の歯の場合3ヶ月待つだけで良いのですが、今回は上のインプラントに合わせて、6ヶ月間待ちました。

人工歯の製作

半年後、仮歯を外してインプラントの型取りをして、最終の人工歯の製作に入ります。オールオンフォーの人工歯は、内側のフレーム部分がチタンでできていて、この部分は最新のCAD/CAMによって作られます。今回はフレームの表面にハイブリッドセラミックスを盛りつけたタイプの人工歯を作ることになりました。これらは技工士によって、患者様の歯や歯ぐきの形や色に合わせて精密に作られます。
患者様一人一人に合わせた完全オーダーメイドシステムです。

インプラント治療の完成

出来上がってきた人工歯をインプラントにネジで固定すれば、治療の完成です!どんなものでもしっかり良く噛めるので、食事の楽しみが増えましたと患者様も大喜びでした。今後はメンテナンスでサポートしていきます!

ALL-on-4の料金表

手術費用+仮歯費用 1,680,000円
上部構造 チタンフレーム+アクリル人工歯 735,000円
チタンフレーム+ハイブリッドセラミック前装 945,000円
チタンフレーム+メタルボンドクラウン 1,260,000円
ジルコニアフレーム+オールセラミッククラウン 1,680,000円