最新の歯科用CT

画像診断はCTにおまかせ!

骨の状態を立体的に映し出すCT画像は、今ではインプラント治療に欠くことのできない検査になっています。

歯槽骨の形や骨質、上顎洞や神経の位置まで3次元的に把握でき、術前診断と治療結果の評価に役立っています。

歯科治療を行う時にレントゲン撮影をするのが、今では当たり前になっています。エックス線写真は直接目に見えない歯や骨のを内側を映し出してくれるとても大切な検査です。しかし、エックス線写真には欠点もあります。2次元にしか映し出せないため、前後的な位置関係が評価しにくいのです。そこで開発されたのが、3次元的に歯や骨を評価することのできる歯科用CTです。
歯科用CTは3次元的なデータで歯や骨をあらゆる角度から観察できます。また限られた範囲を撮影することができるので、医科のCTより被爆料も少なくてすみます。さらに画像の解像度が高く、細部までよく見えるのも優れた点です。特にインプラント治療や骨造成術のような複雑で繊細な手術をする場合に、CTは威力を発揮します。あごの骨の中にある血管や神経の位置までクリアに映し出す歯科用CTは正確で安全な手術を行うために欠くことのできない検査になっています。