インプラント治療の流れ

Step1 基本検査とカウンセリング

まずは歯がなくなった部分の治療の方向性を患者様とともに決めていきます。 患者様の希望をお聞きした上で、インプラント,ブリッジ,入れ歯について治療期間や費用、メリットとデメリットなどについてお話しします。
インプラント治療をすることになった場合、より詳しく骨の状態を調べるためにCT撮影へと進みます。

Step2 CT撮影

スマイルプランさくら歯科クリニック1Fにあるレントゲンルームで、CT撮影を行います。
当院では鮮明な画質と低被爆料を実現したドイツ・シロナ社製の最新のCTを使用しております。

Step3 プランニング・シュミレーション

プランニング

撮影したCT画像、基本検査の結果やレントゲン写真により、どの部分にどのようなインプラントが何本必要があるかを診断し、治療の計画を立てます。インプラントが必要な部位以外の治療似ついてもお口腔全体での治療計画を立て、治療の進め方、費用等についての説明をします。
治療はインフォームドコンセント(十分な説明と理解)が十分に行われてから開始します。

シュミレーション

最新のCT撮影装置の導入により、従来歯ぐきを外科的に切開してからでないと見えなかった顎の骨の詳細な状況を、手術前にコンピュータで分析し様々な角度からリアルに再現することで、正確な術前シュミレーションができるようになりました。

スマイルプランさくら歯科クリニックでは、最新医療テクノロジーを用いた3次元分析により、歯ぐき内部や骨状態の詳細(骨量や骨密度)までを完全に把握することで、今まで以上に患者様にとって安全で確実なインプラント治療を行なうことができます。
また患者様もご自身の顎の状態を、コンピューターの画像でご覧いただけますので、治療計画を大変容易にご理解できます。

Step4 インプラント埋入手術

インプラントの人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋め込みます。
手術方法は、一回法と二回法の二種類があります。 どちらを選択するかは、お口の中の状態によってよりよい方法を選択することになりますが、一般的には二回法が主流となっています。

一回法、二回法などの手術方法の詳細はこちら

Step5 治療期間

埋入したインプラントが骨と結合、定着するまでは安静期間が必要です。
骨の状態や治療部位によって異なりますが、3ヶ月から6ヶ月ほど待つことになります。
なお、この期間中は仮歯を入れることができるので、日常生活には支障がありません。

治癒期間の目安

上顎前歯:6ヶ月 上顎奥歯:6ヶ月
下顎前歯:3ヶ月 下顎奥歯:3ヶ月

また、イミディエートローディング(即時負荷)といって、インプラントを埋入した日にインプラント体(=フィクスチャー)の上にジンという樹脂で作った仮歯を入れることも可能になりました。
ただし、これはその埋入する部位の骨量、骨密度、本数、埋入時の初期固定の強さなどによって、できる場合とできない場合があります。

Step6 アバットメントの装着

埋入したインプラントが骨と結合し定着したら再び歯ぐきを切開して、人工の歯(=上部構造)の支台となる部分(=アバットメント)をインプラント体に連結します。この状態で歯ぐきの治癒を待って、歯ぐきの形が落ち着いたら型とりをします。

Step7 上部構造の装着

二回法の場合は、STEP6のように簡単な外科手術で歯肉を切開して、アバットメントを連結し歯の土台を作ってから上部構造を制作し、装着します。
一回法の場合は、 骨との結合が確認され次第、上部構造の制作を開始します。

Step8 メンテナンス

インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的な検診が必要です。
スマイルプランさくら歯科クリニックでは三ヶ月に一回のペースでメンテナンスを行うことをお奨めしております。 インプラントの部分だけではなく、他の歯についても専門的な予防処置と検査を行い、お口全体の健康状態を維持できるよにサポートいたします。