インプラントとは?

インプラントってどんな構造?

インプラント治療とは、チタン製の人工歯根を顎の骨の中に埋め込み、これを支えにして人工の歯の再建を行う治療です。インプラントは基本的に骨の中に埋め込まれた歯根部分(フィクスチャー)、歯の部分(上部構造)、歯根と歯をつなぐ部分(アバットメント)の3つのパーツからできています。
チタン製のインプラントは、生体との親和性が高く、骨とガッチリ結合する性質を持っているため、このタイプのインプラントシステムが実用化されてから、インプラント治療の成功率は飛躍的に向上しました。

上部構造
人工の歯の部分。アバットメントの上にネジや接着剤でとめられます。材質は金属やレジン(樹脂)、セラミック、ジルコニアなどでできています。基本的には取り外しが可能で、問題があれば外して作り替えたりすることもできます。
アバットメント
歯根部分と歯の部分を連結するパーツで、チタン製のものやセラミック製のものがあります。人工の歯の部分の土台として、噛む力をしっかりと受け止めています。
フィクスチャー
ネジのような形をしていて、チタンでできています。チタンは顎の骨としっかりと結合するので、ひとたび結合したインプラントは本物の歯根のようにしっかりと顎の骨に根付き、噛む力を長期にわたり受け止めることができます。よほど無理な力が加わらない限り折れない丈夫さを持っています。インプラントには様々なサイズがあり、埋め込む場所や患者さんのあごの骨量などに合わせて適切なサイズが選択されます。近年では、より結合しやすい表面加工が施されるなど、品質の向上が進んでいます。
あごの骨
埋め込まれたインプラントとしっかり結合して噛む力を受け止める、インプラント治療の立役者です。インプラント治療では、インプラントを埋め込むためのあごの骨の量が治療の鍵を握るので、骨の量が足りない場合には、骨移植や再生療法など骨を増やすための治療が必要となることもあります。
  • 上部構造
  • アパットメント
  • フィクスチャー

ここが違う!インプラントvs入れ歯vsブリッジ

残念なことに虫歯や歯周病で歯を抜かないといけなくなってしまった後、そこに新しく歯を作っていく方法として現在3つの治療法があります。

ブリッジ

一つ目は取り外しの必要のないブリッジです。ブリッジは抜いた歯の両隣りの歯を削り、そこへ3本つながったかぶせを入れることで、抜いた部分にも歯があるかのように見せる方法です。ブリッジを支える両隣りの歯がしっかりしていれば長持ちしますが、たくさん歯を削る必要があるので、別な歯を悪くしてしまう原因にもなる場合もあります。

入れ歯

二つ目は昔から良くされてきた入れ歯です。残っている歯に留め金とかけて入れ歯を固定し、歯と歯ぐきで噛む力を支えます。違和感が大きい、しっかり噛めない、はずれやすいなどの問題もありますが、短期間で完成し、1本の欠損から総入れ歯まですべてのケースに対応できます。

インプラント

そして三つ目がインプラントです。失った歯の部分の骨の中にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯をネジで固定する方法です。噛む力を骨が支えるのでまわりの歯に負担を与えることがなく、治療の寿命も3つ方法の中で一番長い治療法です。インプラントを埋め込むために簡単な手術が必要なこと、健康保険の適応外なので治療費が高額になることなどが欠点です。

歯を抜いた後はこれらの3つの方法の中からどれかを選択して治療をしていくことになります。治療方法を選択する場合は、失った歯の本数や部位によってどの方法が最も適しているか患者様と相談しながら決定しますが、その際に治療法を比較検討する上でのポイントについて見ていきましょう。

Point1 治療の寿命について

インプラントは15年以上。ブリッジは8年、入れ歯は3年。

治療の寿命を一言で表現するのは難しいのですが、一般的には、
「インプラントは15年以上、ブリッジは8年、入れ歯は3年。」と言われています。

ブリッジや入れ歯は、設計や残っている歯の状態によって結果が大きく変わってくるので一概には言えませんが、インプラント主要メーカーの臨床研究データでは、「治療をしてから10年後の生存率が96%、20年後で90%。」とされています。普通に使用していれば15年以上はもつということです。ただしインプラントを良い状態で少しでも長く使い続けるためには、メンテナンスが欠かせません。

Point2 まわりの歯へのダメージについて

エナメル質をたくさん削るブリッジが最大のダメージ。

失った歯の治療をするために、周りの健康な歯を削ることはできれば避けたいものです。健康な歯をできるだけ削らないようにすることが、末永く歯を守っていくためには大切なポイントです。

治療のために最もたくさん歯を削らなければならないのはブリッジです。歯の表面のエナメル質はもちろん内部にある象牙質、場合によっては歯の神経まで取らないといけないことも珍しくありません。治療のためとは言え、できるだけ避けたい方法です。

入れ歯の場合は、残っているほかの歯に金具をかけて入れ歯を固定するので、金具をかける部分の歯を削ることになります。ブリッジに比べると削る量は少なくてすみますが、入れ歯を入れずにすめば本来削る必要のない部分なので、できれば削らずにおきたいところです。

インプラントについては周りの歯を削る必要は一切ありません。歯を失った部分にだけ処置をして、健康な歯はずっとそのままで残すことができます。
1本の歯を失ったとしても隣りの歯が健康な歯であるなら、できるだけ削らない選択が理想的です。

Point3 噛む力について

インプラントは天然歯とほぼ同じ力で噛める。

  • ブリッジ
    抜いた歯にかかる負担を両隣の歯が支えるため、両隣の歯の寿命が短くなることがあります。
  • 義歯
    咬む力は元の歯の20~30%程度になります。自分の歯のように咬むことはできません。
  • インプラント
    自分の歯と同じように咬むことができ、他の歯の負担をかけることはありません。

ブリッジの場合かむ力を支えるのはブリッジの両端の歯になります。実際に歯がなくなった部分の噛む力は本来の60%程度に低下します。反対にブリッジの両端の歯には、通常以上の力がかかってくることになります。このことが原因でブリッジを支える両端の歯に新たな問題が生じやすくなります。

入れ歯の場合は、歯を失った部分の歯ぐきが噛む力を支えることになるので、あまり強くは噛めません。よく噛めても元の30%くらいの強さです。ブリッジと同じで周りの残っている天然歯に大きな負担がかかることになります。残っている歯の本数が少なければ少ないほど大きな負担を強いられて、1本また1本と歯が抜けてしまうことになってしまうのです。

上記のブリッジや入れ歯とインプラントが大きく違うのは、インプラントは骨が噛む力を支えるということです。だいたい天然歯の90%くらいの力で噛むことができるので、周りの歯に力の負担をさせることはほとんどありません。
昔の歯科治療のように、噛み合わせの力の負担を周りの歯にさせることで次々に歯を失っていってしまう悪循環を止めることができるのがインプラントの特徴のひとつと言えます。

Point4 見た目の良さについて

インプラントとブリッジは材料による。入れ歯はとめ金が気になる。

笑ったときに金歯や銀歯がキラキラ見えているのは、あまり見た目がよいものではありません。歯を気にするあまり、笑うときは必ず口元を手で隠す人や人前で大きくお口を開けて笑わない人も少なからずいらっしゃいます。

ブリッジやインプラント治療では、周りの天然歯と見分けがつかないほどキレイに治療をすることができます。歯の部分を作る材料によって、金歯や銀歯、メタルボンドクラウン、オールセラミッククラウンまで様々な選択が可能で、材料によって見た目や費用が変わってきます。

入れ歯の場合は、残っている歯に入れ歯の留め金をかけなければならないので、その部分は必ず金属が見えてしまいます。前歯に留め金をかけなければならない場合、見た目はあまり良いものではありません。

Point5 費用について

ブリッジと入れ歯は保険適応も可。インプラントは自費治療になる。

ブリッジや入れ歯の場合は、使用する材料や設計によっては健康保険が適応されます。
インプラントは今のところ、保険適応には組み込まれていません。
患者様からよく「インプラントは将来的に保険適応になりそうですか?」との質問を受けます。残念なことに今のところインプラントが保険適応範囲に組み込まれる見通しはありません。
インプラント治療は保険治療と比較すると高額な治療費になりますが、治療の持ちもずっと長くなるので、長い目で見れば良い選択であると思われます。

Point6 治療期間について

インプラントは4~7ヶ月の治療期間。

ブリッジと入れ歯とインプラントで治療に必要な期間は大きく変わってきます。

ブリッジの場合、治療に必要な回数は早ければ2回です。期間は、ブリッジの製作に1~2週間必要になります。前歯の治療などで細かな調整が必要になる場合は1、2ヶ月かかる場合もあります。

入れ歯の場合は、治療に必要な回数は5回ほどです。期間にするとおよそ1ヶ月くらいになります。入れ歯の範囲が小さければもっと早く完成できる場合もあります。
入れ歯は完成後に調整を何度か行うことで、徐々に歯ぐきにピッタリなじむようになりますので、調整に時間がかかる場合があります。

インプラントの場合は、インプラントを骨の中に埋めてから、骨とくっつくのを待つための時間が必要になります。上の歯の場合で約6カ月、下の歯の場合で約3ヶ月かかります。インプラントが骨としっかりくっついた後に、2次オペをしてその後型とりをして歯が完成します。治療を始めてから歯が完成するまでには、上の歯で7ヶ月ほど、下の歯で4ヶ月ほどかかることになります。

1本の歯を失った場合

治療前:中間の歯を1本失ったら…

  • ブリッジ
    両隣の歯を削るため、それらの歯の寿命を縮めてしまいます。
  • 入れ歯(義歯)
    違和感があるうえに残っている歯に負荷がかかるため、歯の寿命を縮めます。
  • インプラント
    周りの歯を傷つける事もなく、負荷をかけないので、自然で違和感がない。

数本の歯を失った場合

治療前:たくさんの奥歯を失うと…

  • 入れ歯(義歯)
    残っている数本の歯によって支えるため強い違和感を感じ、歯の寿命も縮めます。
  • インプラント+ブリッジ
    数本のインプラントでブリッジを支えることにより違和感がなくなります。

全ての歯を失った場合

治療前:歯を全部失ってしまったら…

  • 総入れ歯(奥歯)
    不安定なうえ、強い違和感を感じ、骨や歯ぐきがやせてしまいます。
  • インプラント+義歯
    数本のインプラントとアタッチメントに専用の義歯を接続し、安定感が増し違和感を軽減できます。
  • インプラント+ブリッジ
    5本以上のインプラントにフルブリッジを固定し、違和感を感じない自然な噛み心地を回復します。

インプラント手術の二つの方法。1回法と2回法

インプラント治療の手術の方法には2種類のやり方があります。
どの歯の位置にインプラントを入れるのか、またその部位の骨の状態などによって手術法が選択されます。現在では一般的には感染のリスクの少ない二回法が多く行われています。詳しくは担当医と相談の上決定します。

2回法手術

二回法の場合、一回目の手術でインプラントを骨の中に埋め込んで、歯ぐきを縫い合わせていったん閉じてしまいます。こうすることでインプラントは感染のリスクがなく歯ぐきの下で骨と結合する期間を待つことになります。現在はこの方法が主流になっています。
インプラントが骨と結合したら、再び歯ぐきを切開してインプラントの頭にヒーリングアバットメントと言う大きなふたを取り付けて、このふたが歯ぐきから頭を出す状態にします。これが二回目の手術になります。この後また歯ぐきが治癒するのを待つので一回法に比べると少し時間がかかることになります。歯ぐきが完全に治癒したら、インプラントの型取りをして完成です。

  1. 治療前の状態
  2. 一次手術
  3. 骨との結合待ち期間 上顎:6ヶ月 下顎:3ヶ月
  4. 二次手術
  5. 歯ぐきの治り待ち期間2~3週間
  6. 完成

1回法手術

1回法手術の場合は、一次手術の段階でヒーリングアバットメントや仮歯をつけて、この状態でインプラントが骨と結合するのを待ちます。
2回法に比べると感染のリスクや負荷がかかる恐れがありますが、骨との結合待ちの期間も見た目が良い状態が必要となる上の前歯の場合や、オールオンフォーなどすぐに仮歯が必要となる場合は1回法が選択されます。時間が短縮される、手術が1回で済むというのは患者様には大きなメリットとなることもあります。

  1. 治療前の状態
  2. 一次手術
  3. 骨との結合待ち期間 上顎:6ヶ月 下顎:3ヶ月
  4. 完成